「島ぐるみの闘いと
         戦後史を学ぶバスツアー

 不屈館ではただ今、1950年代の土地取上げ反対で闘った「島ぐるみ闘争に学ぶ」企画展を開催中です。展示の現場を歩くバスツアーを4・28に続いて2回目を実施します。
《コース》

銃剣とブルドーザーで、強制的に土地を取り上げられた銘苅(新都心)⇒伊佐浜⇒北谷の米軍上陸地点⇒砂辺⇒辺野古キャンプシュワーブ⇒宮森小学校Z機墜落事故現場⇒昆布の土地闘争現場⇒屋嘉捕虜収容所

《講  師》 平良宗潤氏(不屈館運営委員長)や体験者の方
《日  時》  9月12日(土) 午前9時出発~午後5時帰着
《参加費》  1500円  学生1000円 (資料代込)  先着40人
    *弁当、飲み物は各自持参して下さい。

申込先:不屈館℡098-943-8374 午前10時~午後5時
     (火曜日定休)



    山城博明氏写真展開催中!

第二弾ギャラリートークのご案内です。
       2015年8月15日(土)午後2時より
       不屈館(那覇市若狭在)
       入館料が必要です。

   著書も展示、販売しております。当日はサイン会もあります。
      多くの皆様の御参加をお待ちしております。
      お問い合わせは:098-943-8374(不屈館)へ

不屈館だより2015.8月号 表,新.jpg
不屈館だより2015夏号 裏 新.jpg




不屈館だより2015夏号 表.jpg
不屈館だより2015夏号 裏.jpg


7月企画のご案内です。

フォトジャーナリスト
 ***中村梧郎さん講演会***


2015年7月4日(土)13:00~16:00
  ★不屈館館にて
  ★入館料 500円(65歳以上割・学割あり

【表】中村梧郎先生と行く沖縄パンフレット.jpg

申込・お問い合わせは不屈館まで Tel 098-943-8374(火曜日以外10時~17時まで)




新聞記事より・・・

2015-05-11 07.31.59.jpg
「4・28抗議行動と学習」不屈館 ツアーに沖縄タイムスの記者が同行取材しました。

企画展のようすを琉球新報の記事より、紹介します。
2015-05-11 07.30.34.jpg








4・5菅官房長官、翁長知事と会談!

 沖縄県民の民意をもって、毅然と新基地建設は絶対にできないと訴えた翁長知事は、辺野古断念を要求しました。そして沖縄県が自ら基地を提供したことはない。銃剣とブルドーザーで強制接収されたと説明しました。

 先の大戦で日本軍の基地となり、日米軍の決戦場となった沖縄。戦後は米軍占領下で銃剣とブルドーザーで土地を奪われ、今また新基地建設を押し付けられようとしている沖縄。
  まもなく、「屈辱の4・28」がやって来ます。当初、米軍キャンプシュワーブゲート前か瀬嵩での集会を検討していましたが、午後6時~7時、那覇の県民広場を会場に開催、その後7時~8時国際通りをデモ行進することになりました。


今年の「4・28」は不屈館の休館日。
不屈館4・28行動と学習会を開催します。

 辺野古・瀬嵩へ行きます。往復の車中で、運営委員の先生方を講師に、沖縄戦、占領下、島ぐるみ闘争など土地闘争の現場を廻り、戦後70年をあらためて振り返り学びます。その後、県民大集会に参加行動します。

日   時   2015年4月28日(火) 午前9時~午後5時
集   合   午前8時半  不屈館駐車場
参 加 費   1500円(資料代込)

弁当、飲み水は各自持参です。
申   込    先着45名まで 
問 合 せ    不屈館 Tel 098-943-8374 fax 098-943-8375


2015年4月6日更新   下線部修正:4月12日


岩波書店・岡本社長の講演会
    「雑誌『世界』と沖縄」を開催

 不屈館開館2周年記念企画「岩波書店と沖縄展」を開催中の2月8日午後1時、3時半の2回にわたり講演会を催しました。各回とも満席、計220人が訪れ大盛況でした。

 岡本社長は、「かつて日本は米国の戦争に巻き込まれる不安があったが、最近の日本は米国に見捨てられる不安を抱いていないか」と指摘し、沖縄に基地が集中する構造的差別について「アジアで安全保障のシステムを作っていくことが沖縄の基地をなくす展望につながると思う」と提起した。(琉球新報2月10日付より)
2015-02-08 10.06.19.jpg
各回とも会場いっぱいでした。

引き続き、開館2周年記念企画のお知らせです
開館2周年企画チラシ_ページ_1.jpg









“年末年始”二周年企画お知らせ

 2014年は、大変お世話になりました。おかげさまで、県知事選挙、衆院総選挙、どちらもよい結果を出すことができました。これから、翁長知事を先頭に県民の不屈の戦いが始まります。来年もよろしくお願い致します。

2014年12月28日(日)~2015年1月3日(土)まで、不屈館は休館です。
新年は1月4日(日)より通常通り開館いたします。

☆☆ 新春2周年企画のお知らせ ☆☆

不屈館2周年チラシ 表iwanami.jpg

☆☆ 不屈館だよりです ☆☆
岩波不屈館2周年チラシ 裏,.jpg

2014年12月27日(土)

新作「プラカードを持つカメジロー」が

メッセージとともに届きました。
 県知事選挙、那覇市長選挙勝利おめでとうございます。
そして、その共同の枠組みが衆議院選挙に引き継がれていることに感動しています。厳しい状況にあればあるだけ、それを乗り越える団結の力が発揮されるのが沖縄の力ですね。「島ぐるみ闘争がさらに発展していくことを願っています。衆議院選挙の勝利を記念して作ってみました。 ―― by Uno

2014-12-21 02.49.41.jpg

  勢ぞろいした「カメジロー」     
                                     2014、12、22、(月)



オール沖縄」で新基地NO!を示しました。
沖縄県知事選挙、第47回衆院選挙は大勝利。新聞記事をアップします。
2014-12-20 08.04.30.jpg

    琉球新報 2014年11月17日
  同時に行われた県議補選において県政与党が過半数を確保。翁長氏後任の市長選挙も城間氏が当選しました。那覇市民は市議補選を含め4回投票でした。

 稲嶺名護市長の笑顔とカチャーシーがいちだんと映えていました。
2014-12-20 08.07.47.jpg
   琉球新報 11月17日


県知事選の熱も冷めやらぬうちに衆院解散、総選挙になりました。
小選挙区で4人全員当選、オール沖縄の強さを実感しました。落選した5人が比例で復活。なんと、県選出衆議員が過去最多の9人になってしまいました。
2014-12-20 07.43.15.jpg
 琉球新報 12月15日

2014-12-20 08.01.54.jpg
沖縄タイムス 12月15日

新人の仲里さんの勝利は、ほんとに嬉しかったです。
2014-12-21 02.46.46.jpg
 沖縄タイムス 12月15日

 選挙戦の最中、多くの方が応援に来られ、不屈館も大賑わいでした。かつての島ぐるみ闘争と同じような雰囲気を感じました。これからも引き続きみんなで頑張りましょう。私達もやっと、「いい正月が迎えられます」
                                   2014年12月21日


看板ができました!


不屈館の場所がわかりづらいと言われてきましたが、遠くからでも見える看板が完成しました。道案内を兼ねて掲載いたします。
2014-09-14 02.28.22.jpg
玄関前。向こうに見えるのは若狭小学校裏門。左手は若狭海浜公園。

2014-09-14 02.29.47.jpg
駐車場。道路を挟んで若狭海浜公園。

2014-09-14 02.31.06.jpg大通りから海浜公園の角に立つ案内板。
手前から2本目のヤシの木の横は波の上ビーチ前バス停。空港から4~5分です。

 Sさんからデジカメが送られてきました。早速、使ってみました。映像をうまくアップできるよう頑張ります。看板は、会員の方から看板を立ててほしいとカンパが寄せられ実現しました。皆さま有難うございます。感謝、感謝。
     2014年9月14日



チラシ_A4_縦_裏面.jpg
チラシ_A4_縦_表面.jpg

                       2014年9月13日更新

第2弾バスツアーのお知らせです。

8月19日辺野古バスツアーは、多くの皆さまより申し込みがありましたが、全員をお連れすることができず残念に思っております。その後も「次の予定は、ありませんか」「また企画して下さい」など、ご意見が寄せられ、第2弾を計画いたしました。今回は、映画「標的の村」の高江にも行きます。支援の声・思いを結集し届けましょう。

第2弾_ページ_1.jpg

          2014年9月6日更新

不屈館バスツアー

辺野古座り込みへ
  2014年8月19日(火)

辺野古ボーリング調査阻止座り込みから10年が過ぎました。
2004年4月19日から124回目の19日。不屈館では、辺野古支援バスツアーを開催いたします。
 7月20日未明に夜襲のごとく大型トレーラーが次々、関連資材を運びこみました。連日のマスコミ報道などでご存じだと思いますが、座り込みテント村、キャンプシュワーブゲート前では海底調査に対する住民の抗議行動が行われています。
 先日行ってきました。「沿道で見ているだけでもいいよ」「車中から、手を振っていただくと、すごい元気になる」と言われました。

参加費(バス代):大人1500円  学生・小人500円
 先着50名まで受付、早めにお申し込みください。
不屈館駐車場集合、9時半出発→那覇インター駐車場10時出発→辺野古へ→辺野古発14時→那覇インター→不屈館着16時半(昼食は現地カレー)
申込・お問合せ=不屈館☎098-943-8374(10時~17時)
*火曜日は休館

チラシ_A4_縦_表面見本.jpg
チラシ_A4_縦_裏面見本.jpg





川・宮森ジェット機墜落事故から55年パネル展

「あの日を忘れない」  開催中!!
2014年6月14日~8月25日まで  

630会会長・豊浜氏の講演会を終え、ひきつづきパネルを展示しています。館内では、「石川・宮森630会編」の

証言集 「沖縄の空の下で ①②③」 2500円

資料・証言集 「命の叫び」 1800円 も販売しています。


次回は、

7月6日(日)14時~
「黙認耕作地の今・・」 

池原秀明氏(沖縄市議会議員・畜産農家)の講演です。
 昨年、日米両政府が合意したアメリカ軍統合計画。カデナより南の基地を返還するということですが、それは県内への移設条件付きでした。戦中戦後、米軍に土地を取り上げられた人たちがフェンスの内外で耕作を始めた「黙認耕作地」。そこに基地を移転するということで立ち退きが計画され、沖縄防衛局の調査が行われているらしい・・・。
  講演の前に、映画「沖縄 1 部・1坪たりともわたすまい」
           12時30分より上映いたします。
参加費=大人500円、65歳以上400円、高・大学生300円
      不屈館友の会会員と小中学生は無料です。
         (友の会はいつでも入会できます)

更新2014・6・21                          


「4・28と沖縄基地」講演会
4月27日におこなわれた、伊波洋一氏を招いての講演会は50脚しか椅子がない不屈館に60余人が入館、大盛況でした。講演の内容は、youtubeで見ることが出来ます。

youtube」の「4・28沖縄基地」で検索してください。

次回は、5月24日(土)午後2時~「憲法をめぐる動き」と題して小林武氏の講演です。午後1時からDVD「アレン・ネルソン”九条を抱きしめて”」の上映があります。

2014・5・3 更新

DSC00079.JPG「4・19辺野古集会」行ってきました。
座り込み10周年・ボーリング調査抗議、海上抗議行動もありました。

DSC00053.JPG
DSC00095.JPGテント村には、座り込み3653とありました。
不屈館内の募金箱と支援グッズ販売で集めたカンパを届けました。
DSC00085.JPG***2014・4・19更新***

不屈館だより4月号 表.jpg

不屈館だより4月号 裏.jpg


[沖縄デー」第2弾!!                      2014.4.7更新

「瀬長亀次郎回想録」 新装再出版  
  (定価1800円+税) 1944円 
全国発売、不屈館に於いては4月18日より販売いたします。

沖縄の心オビ付き.jpg

**視覚障がい部のみなさんが来館** 2014.3.30更新
不屈館には様々な団体が来られます。今月は障がい者団体の視覚障がい部のみなさんが、ボランテイアの方と共に来館されました。

*館長があいさつの後、亀次郎の生い立ちや闘いを紹介すると、質問が活発でした。DVDを観て、ボランテイアの案内で説明を受けながら館内を回りました。いつもはガラスケース内にある亀さん愛用の懐中時計を手に取って、時を刻む音に感動している様子でした。

 *聴覚障がいの団体は、手話通訳付きで来館。ある老人会は、運転手付の村のバスを借りて、大勢で来られました。また、中部の中学校の一クラスは、村のバスを利用して学びに来ていました。
2012-02-22 14.05.51.jpg

皆様もまわりの方と一緒に、ぜひお越しください。事前に連絡いただければ、館長の講話もできます。充分時間を取られ,DVDなど、何本でも視聴できます。

 不屈館の前は海浜公園で、お弁当を食べるのにいい場所です。たまに、豪華な大型クルーズ船も寄港し、見ることが出来ます。
これから、良い季節になります。ピクニックがてら、お越しください。心よりお待ちしております。 


2012-03-10 10.04.10.jpg            ・・・不屈館館長・・・



開館一周年企画を終え、特別展
「辺野古のたたかいの歩み」開催中!!

DSC00152 (2).jpg

「高江・辺野古支援グッズ」も販売しております。
 たたかいは、これからもつづく・・・・・・・・・皆様のご支援を宜しくお願いします。    2014・3・20


   オール沖縄」で新基地NO!の民意を示しました。
県知事選挙、第47回衆院選挙の新聞記事をアップします。
     2014-12-20 08.04.30.jpg
2014-12-20 08.07.47.jpg
琉球新報11月17日
 県知事選挙と同時に行われた県議補選においても、県政与党が過半数を確保。翁長氏後任の新那覇市長に城間氏が当選、稲嶺名護市長の笑顔とカチャーシーが一段と映えました。不屈館のスタッフは、県知事、県議補選、那覇市長、那覇市議補選と4回投票しました、


 知事選挙の熱も冷めやらぬうちに衆院解散となり、総選挙へ突入でした。
            2014-12-20 07.43.15.jpg
      琉球新報12月15日
 公約転換した4名は選挙区では大敗、比例で復活。なんと、県選出国会議員が9名と、過去最多になってしまいました。
   2014-12-20 08.01.54.jpg
沖縄タイムス12月15日

 仲里氏の当選は、ほんとに嬉しかったです。
2014-12-21 02.46.46.jpg
沖縄タイムス12月15日

 選挙戦の応援で、多くの方が沖縄に来られ、不屈館も大賑わいでした。島ぐるみ闘争の頃の熱気を感じました。       
                                     2014年12月21日作成


eum.








mailto.png

DSC00079.JPG「4・19辺野古集会」行ってきました。
座り込み10周年・ボーリング調査抗議、海上抗議行動もありました。

DSC00053.JPG
DSC00095.JPGテント村には、座り込み3653とありました。
不屈館内の募金箱と支援グッズ販売で集めたカンパを届けました。
DSC00085.JPG***2014・4・19更新***

不屈館だより4月号 表.jpg

不屈館だより4月号 裏.jpg


[沖縄デー」第2弾!!                      2014.4.7更新

「瀬長亀次郎回想録」 新装再出版  
  (定価1800円+税) 1944円 
全国発売、不屈館に於いては4月18日より販売いたします。

沖縄の心オビ付き.jpg

**視覚障がい部のみなさんが来館** 2014.3.30更新
不屈館には様々な団体が来られます。今月は障がい者団体の視覚障がい部のみなさんが、ボランテイアの方と共に来館されました。

*館長があいさつの後、亀次郎の生い立ちや闘いを紹介すると、質問が活発でした。DVDを観て、ボランテイアの案内で説明を受けながら館内を回りました。いつもはガラスケース内にある亀さん愛用の懐中時計を手に取って、時を刻む音に感動している様子でした。

 *聴覚障がいの団体は、手話通訳付きで来館。ある老人会は、運転手付の村のバスを借りて、大勢で来られました。また、中部の中学校の一クラスは、村のバスを利用して学びに来ていました。
2012-02-22 14.05.51.jpg

皆様もまわりの方と一緒に、ぜひお越しください。事前に連絡いただければ、館長の講話もできます。充分時間を取られ,DVDなど、何本でも視聴できます。

 不屈館の前は海浜公園で、お弁当を食べるのにいい場所です。たまに、豪華な大型クルーズ船も寄港し、見ることが出来ます。
これから、良い季節になります。ピクニックがてら、お越しください。心よりお待ちしております。 


2012-03-10 10.04.10.jpg            ・・・不屈館館長・・・



開館一周年企画を終え、特別展
「辺野古のたたかいの歩み」開催中!!

DSC00152 (2).jpg

「高江・辺野古支援グッズ」も販売しております。
 たたかいは、これからもつづく・・・・・・・・・皆様のご支援を宜しくお願いします。    2014・3・20


  • **更新ありがとうございます!!**
  •  県内外の不屈館友の会、維持会員、賛助会員の皆様、このたびは会員更新していただきありがとうございます。皆様のご協力のもと、2年目も頑張ろうとスタッフ一同気持ちを新たにしているところです。  
  •  昨年、沖縄県選出国会議員の公約破棄、仲井真県知事の辺野古埋立承認と、沖縄県民はくやしさと怒りの渦に巻き込まれていました。そのエネルギーは「海にも、陸にも米軍基地は造らせない」という稲嶺進さんを名護市長に再選させる大きな力になったと思います。
  •  不屈館では、これから「辺野古の闘い」が正念場になり、大きく動くのではと、その闘いの歩みの展示と、カンパ活動に取り組むことにしました。
  •  是非、多くの方にご覧いただきたいと思っています。館長はじめスタッフ一同、皆様のご来館を楽しみに待っております。         *  *  *  *  *  *

2014.3.2 琉球新報に開館1周年の記事が掲載されました

LinkIcon琉球新報3月2日掲載記事

2014.3.1 開館1周年を迎えました!

LinkIcon開館1周年のパンフレット

2014.1.29 琉球新報に記事が掲載されました

LinkIcon「オール沖縄」の行く先

琉球新報1月29日号に記事が掲載されました。

2014.1.5 ホームページやっと回復しました!

昨年末に、不手際で回線が途絶えてしまい、皆様に大変失礼をしてしまいました。

1月も中旬を過ぎてしまいましたが、あらためまして、「謹賀新年、今年もよろしくお願いいたします。3月1日には、開館1周年です。心新たにスタッフ一同がんばります」 

カメジローの座り込みも109日
2013-10-18 14.26.07.jpg
年末の12月27日、沖縄県の仲井真知事が辺野古埋め立てを承認してしまいました。

 「反対する人たち約2千人が県庁周辺に集まって抗議し、約700人が庁舎内に約4時間、座り込んだ。『知事の公約違反を許さない』『承認を撤回せよ』。人々は繰り返し繰り返し、数十回シュプレヒコールをした」――28日付沖縄タイムスより
2013-12-25 12.59.06.jpg

雨の中・・・
2013-12-28 15.12.55.jpg
不屈館も館長とスタッフが、手づくりのプラカード持って。      

2013-12-28 15.13.49.jpg
号外も出ました。

海外の著名人29人も、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する声明を発表。

沖縄県議会は、

『知事辞任要求を決議』。県議会が初、賛成多数。辺野古承認に抗議 県内断念意見書も―琉球新報11日記事より。
2013-12-25 12.45.16.jpg

 そして、ただいま、任期満了に伴う名護市長選挙が12日告示、19日投票。即日開票で決まる選挙戦の真っただ中です。全国から、多くの方が応援ツアー、学習ツアーで来沖され、不屈館にも足を運んでいます。

******感想文の中から紹介します。*****

**名護の市長選の応援で京都から来ました。私の生まれは、石川県小松市で、航空自衛隊の基地があります。2011・9・11以降 日米の訓練が増え、当時野球をしていた私は、グランドから戦闘機の爆音を聞いて恐かったことを覚えています。この名護の結果しだいで、名護の子どもたちも同じ経験をします。さらに、京都の府知事選にも大きく影響します。私は瀬長さんの「不屈」の精神で闘いたいと思います。** 

**「辺野古の美しく豊かな海を埋め立てる」瀬長さんが生きておられたら、なんと言われることでしょう。5日間稲嶺すすむさんの応援に行ってきました。生涯を沖縄解放の事業に尽くされた瀬長さんの記念館を訪れ、ウチナーンチュの魂を、自らも少しでも学びたいという思いに駆られました。”不屈”を貫くからこそ、人に優しくなれるように。**

**沖縄が1972年に返還(施政権)されたが、事実上アメリカの植民地状態であることの現実を忘れてはならないと思いました。現在でも安倍政権が、沖縄が日本から切り離された4・28を「主権回復の日としているように、サンフランシスコ講和条約を是とする考え方が当たり前のようにしているのは、日米安保条約の従属状態を絶対としている姿は、残念でならない。**

2013.10.2

 特大絵画・50号  う~ん、すごい 
   展示しました! 見に来てください!
DSC00223.JPG
 特大の絵画(50号)が寄贈されました。しかも、3点。
 寄贈をしていただいたのは東京・葛飾区在住の谷口正和(2010年死去)さんのご家族。絵を描かれた谷口さんは、生前に亀次郎と交流があり「亀次郎と赤い道」と題した作品を書かれていました。
  以前、館長(亀次郎の次女・チヒロ)が東京で講演をしたときに、ご家族の方から寄贈の申し出を受けていました。作品は3点とも50号。大きさは120㎝×90㎝ほど。
  絵のもつ”力、迫力”を来館していただいて、ぜひ体感してください。

2013.10.1

 来館者の感想 あれこれ、あれこれ
DSC09997.JPG

開館したと聞き、早々にやってきました。瀬長さんの(いま風にいうと)”ブレ”のなさについて改めて感服しました。そして文章表現、演説の素晴らしさにも感銘しました。 米・オハイオ州・40代/男性

大学のゼミ活動で沖縄のことを学びはじめました。
 米軍の基地問題は沖縄だけの問題ではなく、日本の問題としてとらえている人が、本土では少ないということが歯がゆくて仕方ありません。
 本来、米軍は日本に不必要なものであり、米軍に守ってもらっているという考えは間違いです。米兵による事件、事故などあらゆる危険が伴います。
 みなさんの活動を本土の人たちが知り、瀬長亀次郎さんのような志をもってもらえることを切に願います。
   神奈川県・20代/学生

亀次郎さんの不屈の心をうけつぎ、これからも決して屈することなくたたかい続けたい。 沖縄県・10代/高校生

出張で道に迷って通りかかり、気になったので入館しました。
  亀次郎氏については、お恥ずかしいながら今回はじめて知りました。大変勉強になり、考えさせられました。亀次郎氏の力強さが伝わってくる絵に「しっかり生きろ!」と、励まされた気がしました。
 平和な未来のためにできることを少しづつでも行動していこうと思いました。
埼玉県・30代/女性

2013.9.30

聴覚障害者団体来館
  ”亀次郎たちのたたかいを体で感じましたよ”
先日、那覇市の聴力障害者の方たちが来館しました。亀次郎と沖縄県民のたたかいなどを亀次郎の次女で不屈館の館長から、当時のたたかいや亀次郎にまつわるエピソードを手話通訳をかいして聞きました。
  不屈館は亀次郎にまつわる”美術展”を開催中。世界的に有名なピカソが描いた絵をはじめとして、人間国宝・金城次郎さん作の壷などが”ところ狭し” と展示されています。文字通り、ところ狭し。
 ”聞こえなくても、見たらわかる作品群”に来館者たちは感心しきりでした。
DSC09965.JPG

2013.9.28

[秋の美術展]始まりました。
沖縄タイムス(9・19付)、琉球新報(9・28付)に掲載された記事を みて、多くの方が来館しています。9月26日には、東京の谷口正和さんの大きな絵(50号サイズ)が三点届きました。圧倒される絵に、来館者の皆さんも感動の声を上げています。

2013.9.4
不屈館…秋の特別展…9月18日~10月31日
  瀬長亀次郎に贈られた美術品

P1040827.JPG亀次郎には各界の団体・個人から絵画や陶器、漆器などが数多く贈られました。
 ナチス・ドイツの戦争と独裁に反対した”ピカソ”の直筆絵。人間国宝の陶芸家”金城次郎”さんが制作した壷。
沖縄の紅型を使った芸術家”照屋勇賢”さんがつくった”紅型カメジロウ”。無形文化財保持者の金城唯喜さん作の沈金漆器など多数を展示する予定です。
  沖縄に暮らす人々が精魂込めて制作した品々をぜひご覧ください。




2013.8.17 
 夏休みの中学生来館 感激したと…

DSC00144.JPGお父さんに連れられて夏休み中の中学生が来館しました。感想文を紹介します。
 *最初に「瀬長亀次郎って知ってる?」って父に聞かれたときは分からなかったけど、今日の見学で、とてもすごい人だと感動しました。亀次郎さんの強い心と、それについていく県民の団結の強さが、すごいと思いました。
  沖縄の基地問題をもっと深く考えていきたいと思います。
                      沖縄県 14歳・中学生

  *今回、瀬長亀次郎を中心に資料を見て回りました。そこから、瀬長氏の話だけだはなく、そこから当時の政府、民間、時代の状況を知ることができました。
  さらに、現代に繋がる資料や、子どもにもわかりやすいものが数多くあり、子どもたちが沖縄戦を知るきっかけになると思う。
                      沖縄県 19歳 大学生

*13日のフィールドワークで、辺野古のフェンスにカメジロー旗を掲げてきました。参加者から寄せられた写真です。

2013.8.15 米軍基地建設反対でたたかった大西照雄さん

P1040818.JPG名護でヘリ基地反対協議会の共同代表としてたたかった大西照雄さんが6月19日に亡くなりました。
辺野古のたたかいから、高江のヘリパッド建設阻止活動に至るまで中心的にかかわりつづけ、常にムードメーカーとして厳しいたたかいの現場に安らぎを与えた方でした。心の底から自然と平和を愛し、その思いのままに生き続けてこられた方でした。
 不屈館では、生前に大西さんが書かれた”「沖縄の太陽」物語”島ぐるみのたたかいへの序曲 を販売しています。
 … ”事実”がもつ強烈なインパクト、日本人が忘れた”心”、沖縄が忘れない”悲劇” 折に触れ、何度も読み返したい物語がここにある(前泊博盛・沖縄国際大学教授の推薦のことば) … 伊江島でのたたかいをテーマにした本です。ぜひ、一読をおすすめします。

2013.8.14 野外学習会ー高江、辺野古、普天間に行ってきました!

P1040790.JPG夏の連続講座、フィールドワークを8月11日、13日の2回行いました。
11日は、《瀬長亀次郎の市長時代と沖縄戦》 テーマは那覇市と周辺の戦後史をたどるコース。
13日は、《高江、辺野古、普天間》 テーマは今を見るコース。
 11日、バスに乗って那覇市の新都心《アメリカに銃剣とブルトーザーで奪われた土地=返還されてショッピングセンターや住宅地になっている》、沖縄戦の司令部壕があった首里城、亀次郎の自宅や刑務所のあった所を巡りました。
 ガイドは、館長のチヒロさんと沖縄平和ガイドの下地さん。まわってみて改めて驚きました。なんと広い土地を米軍は自分たちの住宅地として使っていたのだろう…。
 13日、プロゴルファー・宮里愛ちゃんの故郷・東村にある高江ヘリパッド(ヘリコプターの離着陸帯)を最初に訪問。 現地では《ヘリパッドいらない住民の会》の方から現地の取り組みとアメリカ軍動向を聞きました。
次いで、名護・辺野古の座り込み現場に激励に行きました。きれいな海、希少動物のジュゴンが住む海を埋めて新たな基地をつくってあげる日本政府は、沖縄を永久に基地の島にするつもりなのだろうか?
 帰りには、オスプレイが追加配備された普天間基地で抗議をしているみなさんを激励。米軍基地を考える一日でした。

2013.7.31 夏休み講座・詳細決定!
DSC00009.JPG*不屈館での講座
   ●第1回 8月5日(月) ”沖縄戦とニミッツ布告” 講師:平良宗潤
   ●第2回 8月7日(水) ”対日講和条約と4・28” 講師:上原勲
   ●第3回 8月8日(木) ”島ぐるみのたたかいとセナガ市長時代”
       講師:仲本和彦、内村千尋
   ●第4回 8月9日(金) ”復帰闘争と5・15” 講師:北上田源 
     *参加費:各講座とも入館料と資料代500円
       中学生と会員は資料代だけで参加いただけます。
*現地をたずねる講座
   ●8月10日(土) ”戦後史をたどるコース” 那覇市と周辺
     *参加費 1,500円 バス代と資料代 講師:下地輝明、内村ひちろ
 1 0時・不屈館出発~16時・不屈館帰着 
   ●8月13日(火)  ”現場を見るコース”
       高江・辺野古・普天間をめぐる  *参加費   2,000円 バス代と資料代

2013.7.26 夏休み”映画上映会”はじめました

 学校が夏休みに入って、那覇市内では家族連れで観光に見える方たちが目につくようになりました。
 当館でも夏休み企画をいくつか用意しています。今日は、その中から映画上映会を紹介します。
*沖縄 …一坪たりともわたすまい…
  7月24日(水)~29日(月) 午後1時~2時30分
米軍統治下、沖縄での土地とり上げに反対した県民のたたかいをテーマにした映画。テレビの”ちい散歩”でおなじみの地井武男さん(昨年6月没)の映画デビュー作品(主役です)。1970年の作品
*ドキュメント沖縄戦 …1フィート映像でつづる…
  8月14日(水)~19日(月) 午後1時~2時
沖縄戦とはどんな戦いであったのかを1時間にまとめた映画。映像はアメリカ国立公文書館にあったものを県内外の人たちが「1フィート分の買取資金」を出し合って買ったもの。
*カメジロー …沖縄の青春…
  8月21日(水)~31日(土) 午後1時~3時
 民主主義と祖国復帰の旗を高くかかげ、民衆とともに沖縄の歴史を切り開いてきたカメジローと県民の一大抒情詩を、ドキュメンタリー・ドラマにした映画。見ると元気がわいてきます!

2013.7.24 館長自宅の”巨大サボテン”開花!

DSC00029.JPG不屈館の館長(亀次郎・フミ夫妻の次女)宅の巨大なサボテン…高さは3階屋上を突破するほど…に花が咲きました。サボテンの花は7月から8月にかけて咲きますが、巨大なサボテンの花は見事です。
 写真は、地元の”沖縄タイムス”に掲載されました。大きさを感じてもらえないのが残念ですが、写真を添付しましたのでお楽しみください。写真はポップアップ(写真をクリックすると大きな写真になる)しますのでクリDSC00016.JPGックしてみて下さい

2013.7.22 沖縄市の老人クラブのみなさんが来館

 70人の大勢でしたので、2コースに分かれ、1コースは近くの福州園・孔子廟などを先に見学し、時間差をつけて入館していただきました。
 始めに米軍統治下の27年をまとめたDVDを視聴し、その後館長の案内で展示資料などを見ていただきました。亀次郎の書斎の前で、涙ぐむ方もいて、館長に「いい資料館を作ってくれてありがとう、がんばってよ」(男性の方) 「私はフミさんの(第2高女の)後輩よ」という方も‥‥。皆さんの話をうかがって、私たちスタッフも勉強になりました。となりの公園で昼食を取られ、泊魚市場へ行かれました。

2013.7.17 夏休み連続講座をします

DSC00460.JPG
 不屈館では8月5日、7日、8日、9日の4日間にわたって”夏休み連続講座”を行います。テーマは”戦後の沖縄”を予定しています。参加費は、入館料(会員は必要ありません)と資料代(500円)
 フィールドワークも行います。第1弾は8月10日(土)…戦後史をたどる…那覇市とその周辺(亀次郎と県民たちのたたかいを訪ねて)。第2弾は8月13日(火)…沖縄の今を見る…高江・辺野古・普天間をまわります。こちらの参加費は後日にお知らせします。
連続講座も、一回ごとのテーマは後日にお知らせします。お待ちください。
*写真は、不屈館前の外国客船専用バースに入港した巨大客船です。船に設置されているエレベーターでは13階まで行けるそうです。



2013.6.29 亀次郎の育てたガジュマル
2012-06-29 10.10.17.jpg不屈館の玄関わきに、亀次郎が自宅で育てていたガジュマル(自宅から株分けして移植)が元気に育っています。
 沖縄本島では2週間以上にわたって雨らしい雨が降っていません。館長のチヒロさんたちが、20メートルはある散水用のホースと格闘しながら水をかけています。
  不屈館の入り口前には、バラをはじめとしたいろいろな花々が咲いています。前を通る地元の人たちが、眺めながら通ります。
  ご来館の折には、展示品だけでなく花も見てやってくださいね…。

2013.6.23  今日、沖縄は”慰霊の日”
P1040732.JPG

6月23日は、戦争で亡くなった方たちに思いをはせ、平和な日本・沖縄をつくっていく気持ちを新たにする”慰霊の日”です。県内各地でさまざまな慰霊祭がとりくまれました。
  琉球新報の「こども新聞・りゅうPON」に、20日に来館した恩納村立山田中学校のみなさんの取材記事が掲載されました。この時期には、若いみなさんが、戦中・戦後の体験を見聞きする”平和学習”が県内各校でとりくまれます。


2013.6.20  恩納村立山田中学校が”平和学習”で来館
山田小中学校.JPG
17日、恩納村立山田中学校の2年生が、23日の”慰霊の日”を前に平和を学ぶ学習として「不屈館」を訪れました。
  瀬長亀次郎の次女であるチヒロ館長から、「戦後、沖縄の人たちが自分たちの自由と権利を守るために熱くたたかった」ことを聞いた後、館内の展示物を説明してもらいながら見学しました。
  館内では戦後の沖縄が「ゼロからの出発」であったことを体感できる展示がされており、中学生たちの”おじい、おばあ”たちが苦労しながらコツコツと暮らしを再生してきたことに感心していました。
 若い人たちが、今の沖縄をつくりあげた先人の知恵と勇気あるたたかいを学んでくれることは、当館の何よりの元気の源です。
  ”ゼロからの出発展”は、8月末まで行われます。お子さん、お孫さん、と一緒においでください。小学生・中学生は無料です。


2013.6.12 ”ウエディングドレス”は私も縫いました! 来館
P1040682.JPG
*戦後、”ゼロからの出発”展をおこなっいる不屈館に「私もウエディングドレスを縫いましたよ」「裁判官の法衣も縫いました」という女性が来館しました。
 刑務所の近くに住んでいたので”亀次郎さんのお店”にもよく行ったそうです。
「奥さんのフミさんは、ガムを1枚でも売ってくれましたよ」「お店でおしゃべりをしたものです」とも…(カメジローの店は刑務所の隣にありました)。
 亀次郎のマチヤグヮー(雑貨店)では、お金に余裕のない人たちのためにタバコ1本から売っていたとは聞いたことがあります。ガムも1枚から売っていたとは…。
 瀬長フミさんは、ある雑誌に書き残しています。「私たちも地域の人たちを支えたけれど、地域の人たちも私たちを支えてくれた」と。
 いつも人々のためにー 瀬長夫妻の人柄をしのばせるエピソードです。

2013・6・8 言論の自由かちとった判決文の実物も…

*アメリカ民政府に「法に基づく人間としての要求」をかかげてたたかった人民党の機関紙(人民)を発行禁止にしたことは不当だ! と裁判をおこした人民党。
  このたび、原告の真栄田さんが保管していた”訴状”、人民の”発行不許可を禁じた判決文”、行政府の”上告を棄却した判決文”が資料として提供され、館内で実物展示とコピーをさわって読むことができます。

P1040714.JPG

2013.6.7 琉球新報も取材に!

*昨日の沖縄タイムスにつづいて琉球新報が取材に来ました。   
 今回の企画展は、戦後まもないころ、米軍の”パラシュートでつくったウエディングドレス”や大砲の薬きょうでつくった灰皿、戦闘機の残骸=ジュラルミン=を溶かしてつくった釜など、戦後の生活をはじめるためにすべてのものを自前で作らなければならなかった県民の”知恵と工夫”が実物を通してみることができる企画となっています。
 とりわけ”ウエディングドレス”は1点物で必見です!
P1040708.JPG

2013.6.6 企画展”ゼロからの出発” 沖縄タイムスが取材

 *不屈館では、6月23日の”慰霊の日”にあわせて、沖縄県民が何もない
  ”ゼロからの出発”をしなければならなかったことを見てもらう特別展示を
  行っています。
    沖縄タイムスは取材と報道をしてくれました。

2013.6.5 ”瀬長くん”1次入荷分、完売!

 *カメジロー人形の”瀬長くん”が、入荷2週間もしないうちに完売となりまし
   た。”不屈”のハガキとセットで1,000円。かわいい! と好評です。
    一度にたくさん制作できませんが、次回の入荷を待っている方もおられ
   す。不屈館の館内で販売しているものはホームページで販売を予定して
   います。お楽しみに…。
P1040672.JPG

top_link_a.jpgtop_link_a.jpg